エデンの北から

京都洛北便り 古典文学で日々を楽しむ

青柚子のかき氷~あてなるもの

あいかわらず、暑い。一昨日たちよった虎屋菓寮京都一条店の青柚子氷、青柚子のシロップ(ペースト?)と、ふわりとした氷、氷を掬っていくと中に白小豆の餡。その取り合わせが絶品。

f:id:seminohazuki:20210804133847j:plain

青柚子氷を食べながら、かき氷について考えた。

かき氷は、平安時代からあった。「削り氷(けずりひ)」とよばれていて、今と違ってとても贅沢なものだった。(虎屋のかき氷はちょっと贅沢だけれどそれ以上に!)

 

あてなるもの…削り氷の甘葛に入りて新しき鋺に入れたる 

 あてなるもの…けずりひのあまずらにいりて あたらしき

 かなまりにいれたる

         枕草子 第42段「あてなるもの」より

 

「あてなり」は、上品で優美な様、地位が高い、高貴であるというニュアンスも持つ言葉。

 削り氷=かき氷がなぜ高貴で上品で優美なものなのか。調べてみた。

 平安時代はもちろん冷蔵庫などないので、天然の氷を「氷室」(ひむろ)という、洞窟や地面にほった穴に夏まで保存した。その氷を夏に都の中心まで運んでくるのだ。当然大変な貴重品であり、皇族や、上流貴族などごく一部のものだった。

氷室は、京都周辺にたくさんあったようだ。現在残っている地名としては、北区西賀茂氷室町、北区衣笠氷室町など。

氷を削るのも、小刀のようなもので削ったらしい。再現した削り氷の写真を見たことがあるが、ずいぶんザラッとした舌触りだったと思われる。

 

「甘葛」は、「あまちゃづる」という植物のつるや葉を煮詰めて作った甘味料、あるいは蔦等のブドウ科のつる性植物ともいわれている。実のところはまだよくわかっていないらしい。砂糖は、既に日本には入ってきていたが薬として輸入されるほどの貴重品。甘葛は国産の甘味料として、貴族たちの食事に欠かせないものだった。

 

鋺(かなまり)は、金属の器。ここは、「新しき」というのもポイントなのだろう。傷ひとつない輝く器に入れた氷、貴重品の琥珀色の甘葛シロップ。

 

清少納言のような中流貴族にとっても削り氷は贅沢なものだったろう。中宮定子に宮仕えしたからこそ食べられた削り氷だったのかもしれない。

「あてなるもの」という言葉には、そんな清少納言のときめくような気持ちが感じられるのだ。

f:id:seminohazuki:20210804133855j:plain

虎屋菓寮の青柚子のかき氷を、ゆったりとした店内で、美しいお庭を見ながら食べる。

私にとってやはり「あてなるもの」、極上の一時。