エデンの北から

京都洛北便り 古典文学で日々を楽しむ

今月の目標

今週のお題「今月の目標」

 

ブログに食べ物のことをもっと書く

です。 

 

そのわけとブログ振り返り。

 

食欲の秋で、読ませていただいているブログなどでも美味しいものの話題が増えてきたような気がします。

ブログを始めて2ヶ月ちょっと、今日で38回目投稿です。

(読んでくださっている方々、ほんとうにありがとうございます。)

 

そのなかで食べ物のことをほとんど書いてないことに気づきました。

糠漬け、一保堂の抹茶、とらやのかき氷くらいでしょうか。

 

原因は

ブログを始めるに当たってテーマに選んだ、日本古典文学、特に中心軸にしてしまった、新古今和歌集源氏物語等です。

 

専門の研究とかしているわけでなく、たまたま、自分が全くの趣味で読んでいるものの抜き書きノート、読書日記のようなイメージで始めてみました。

専門の解説書、ブログは山のようにあるので、そういうものを参考に自分の生活とつなげてかこう、と。

 

それは続けるためには正解だったのですが(ネタに困らないので)

問題は

 

美味しいものがでてこない

 

源氏物語はあの54帖に、人のありとあらゆる感情、心理、衣、住、芸術、政治、自然、が書かれていますが、食だけは…

例えば「赤毛のアンのお料理ノート」とか、「プルーストの食卓」など文学にちなむ食の本はたくさんありますが、「源氏物語のお料理ノート」「源氏物語の食卓」なんて、数ページで終わってしまうのではないでしょうか。

 

新古今和歌集にいたっては、歌人達は、霞と風と月光と花びらのみを食しているようです。

 

それはそれでよいのですが、どうも書き手の生活との解離がおおきくなっている気がして…

 

なので、食べ物のことは、古典と切り離して書こう、と。

もちろん、できれば、古典の食ももっと勉強してかければよいとは思っています。

 

いや、だれに頼まれたのでもないし、自分だけのブログなので好きに書けばよいのですが、なんとなく自分が自分を縛っていたことに気づきました(笑)

 

やっぱり、ブログ初心者です。

 

ということで、食べ物のことももっと書く。

その他もいろいろ。

もうちょっと広げて。

が今月の目標です。

 

美味しいブログにする

 

と書きたいところですが、これは今の私には、まだまだ難しそうです。

 

 

 

 

あ、間違って自分で🌟ポチいれてしまいました(6日朝)